2018年03月22日

ローカルヒーローをぶんまわすひとたち(ローカルヒーロー博覧会)

2/24 城西大学 東京紀尾井町キャンパス
ローカルヒーロー博覧会

IMG_2856.jpgキオイチョー…っていうのは、尾上松緑さんへのかけ声。紀尾井町に二代目松緑さんの家があったから。
その紀尾井町にてローカルヒーロー博覧会です。
いつもは国立劇場に向かう交差点を別の方向へまがって、城西大学へ。
学生さんみずからフィールドワークとしてキャラクターになったりしながらローカルヒーローについて研究している石井研究室を事務局としております。経営学部なんですね。ローカルヒーロー業を、どう、ぶん回すか、というあたりの視点になるのかなあ。(ようしらんけど)

この博覧会は、形式としては、ショウではなく、展示会。
展示会、馴染みのない方もいらっしゃるでしょうが、同業界の人たちがブースを置いて、自分たちの活動を紹介しているところに、その情報が欲しい人たちが集まって情報を得ていくというようなもんですね。
ヒーローとヒーローを見に来る人という軸ではなく、運営する側や、活かす側の情報交換の場という形ですかね。
現場では名刺交換シーンもお見かけしました。
この会にはことの性格上、造型をしながらキャラクターもやっている人とか、映像を作る傍らでヒーローのエンターテインメントを続けている企業とか、興行関係からヒーローを手がけているところとか、自主制作映画の老舗とか、自己採算でそれなりの継続性を持って続けている経験ある人たちが多く集まってましたが、中には、始めたばかりの人も、これから発表するヒーローが控えているというところもありました。

早い時間にはフォトセッションや石井先生のセミナーもあったのですけど、
今回、所用ありまして最後の方に駆け込みましたので写真撮っただけです。
てきとーに並べまー。今回は、大人にだけ見える世界の話ですので、そういうモードです。


P2248263.jpg入り口で真っ先に出迎えられたのがFPレンジャーさん。レッドさんおひとりかしら。
ファイナンシャルプランニング関係の法人による運営で、家計を守っています。
使命は「金融リテラシーの向上」。
日本人のお金に関する忌避感っていうのは根が深いと思うの。まずはお金の話が出来るところから。


P2248265.jpgディスプレイされていたゴッドチバダー。相変わらずの光りっぷりです。チバダーさんち(?)は前に見たブースは写真屋さんらしかった。あと、いろんなマスクを作っておられます。


P2248274.jpg瀬戸大将。付喪神らしいです。獄妖鬼さんとこ、相澤造型工房で造られたキャラクター。
腕を打ち付けると瀬戸物の効果音がするといいよねとか言われてた。
割れるで。


P2248277.jpg各所で写真用にポーズをつけていく骸696さん。


P2248276.jpg忍者烈風さんとサクラねえさんは、ヒーローズユナイトの舞台挨拶を終えて到着。
今回烈風さんガチャを初めて体験しました。(だって埼玉にしかないから)
あのー、茨木童子(女の方)のところにいる黒くて身体に文字が書いてあるっぽい鬼いるじゃないすかー、あれが出たんですけど、サクラさんと一緒に「なんて鬼でしたっけ???」ってなってしまった。なんて鬼でした?


IMG_2858.jpg烈風さんは元々、入間や飯能あたりのケーブルテレビでやっていたのですが、東京MXでやるようになって4作くらいになりますか。
どっちかというとコンテンツ重視かなあと思いますが、映像の人たちが実在側にも出てくる感じはローカルのやり方だよね。
本編以外にパラレルワールド編(PW編)という映像作品もいくつかあり、他のヒーローとコラボしたストーリーになっています。
この日に出たばかりのDVDササヅカイン編が販売されていましたので、グランマサラー編と一緒にGET。
サインもいただきました。わーい。(そして烈風さんのサインがローマ字なのに驚くなど)



P2248280.jpg鳳神ヤツルギさんも招来。
木更津のヒーロー。
商業施設での定期的なショーや積極的なファンクラブ運営など、業態としてのヒーローをパワフルに推進している企業です。アクターの起用や露出、定期的に卒業させるサイクルのまわし方などにも特徴があります。
横連携にも熱心です。年一回のローカルヒーロー祭の運営ができる体力はなまなかじゃないですよね。


P2248284.jpg物販沢山。キサラとライトニングガイオンも。
ヒーローズユナイトのチラシの大阪バージョンがあったので手に取ったら、企業紹介映像集を含めた一式をお渡しいただきました。
ここは、ヤツルギ以外に、他の企業の専属ヒーローを作ってテレビでも放送しています。


P2248301.jpg映画も、一作に終わらず形を変えて作っています。
ちょうど最新作ヒーローズユナイトの上映期間だったので、烈風さん達と一緒に。


P2248286.jpg死蟲さんとカメレオールさんに銃器(?)を向けるFPレンジャーさん。
真ん中にいるのはチョビリオンさん。
なんかノーモア映画泥棒を思い出す。


P2248289.jpgこのデカさは反則。
おうちのようですね。火器でしょうか…家計が火の車…いやなんでもない。


P2248296.jpgコスモフラッシャーさん。練馬(と、宇宙)のヒーロー。
なぜピエールなのかについてみずから他のキャラクターに解説してました。
このピエール顔も、もう見慣れたなあ。
ピエールは何回会ってもカードくれます。


P2248297.jpg影虎さん。仮の姿…と言っていいのかな?


P2248299.jpg亀戸のカメイダー様御一行…ですが、
たまたまアークの方がいたので、白銀、アーク、武尊の三人というちょっと珍しい形に。
チラシもらいましたか?と聞かれて「今日はまだです」と言ってしまい、
見に来ていただいたんですか?あのときですか?混んでましたよね、みたいな会話。
(うん。すっげーーーー混んでた。)



P2248300.jpg単体でもとりますか?と薦められましたので。カメイダーアーク。
カメイダーさんとこは芸能プロダクションによる制作です。
ここのショーは完パケに対して俳優さんのリップシンクが完璧なん。
仮面だったらセリフに頷きとか振りを合わせるじゃないですか。
しかし、人間体のほうもかっちり合わせてくる。それ難しくない?
こういうやり方もあるんやなあと。


P2248305.jpgサイドソウジャーさん。京都の方のようです。新しめの方ですね。


P2248306.jpg「名前はまだない」さん。千葉の単体のヒーローさんです。
まだ個性がよくわからないなあ。いろいろ裏設定はありそうなんですけど。


P2248308.jpgヴォルテックエンマさん。かっこええ。
横浜の岡津アクションクラブは1980年代から自主制作映画の活動をされているところです。
スタージャンのスタッフロールにも造型関連でお名前があります。
それはそれとして、昔ショーに出ていた蝉怪人的な方は、ここの他のキャラクターが、そのまんま派遣されたものらしく。


P2248310.jpg同じく岡津アクションクラブさんところのキューン・カッツェちゃん。(左)
フォトセッションの時、随分自由だったようで、沢山ネットに写真があがっておりました。


P2248312.jpgゼロングさんの乗った雑誌を眺めるキューンちゃん。
読めてるんですかね。
後ろはゼロングの3号。ガンマさん。
ゼロングさんはプロレスをベースにしたショーで、見ていてとても痛そうw。
ショーの事前情報が親切で会いに行きやすい団体です。葛飾で活動中。



P2248315.jpgゼロングさんと烈風さんとサクラさん。


P2248316.jpgゼロングさんとサイドソウジャーさん。



P2248318.jpg骸696さんから、色と個性分けのレクチャーを受けている武尊さんとアーク氏。
確かに、カメイダーさんのところは赤青黄緑と色分けがされていますよね。


P2248319.jpg骸696さん。ピンで。
骸696さんのいる、ダークサイドライン(暗黒銀河共同戦線 DSL)は、どこの世界にも属さないアクヤクさん的なキャラクターを所属登録させて斡旋するというような形をとっている集団です。かたまりになることでセールスしやすくなる面もあるのかな。


P2248322.jpgヴォルテックマグナさん。カメイダーさんのブースのところでお話をしてました。
この隣に、守口付近のMAMORU HEROESのおねえさんがいらしてました。手はその方の。
この時点でマモルさんはデビュー前なので、チラシの中の姿も黒塗りでした。
うーん。もしかして横浜の作品にもゆかりのあるおねえさんじゃないかな。


P2248323.jpgカメイダーさん。


P2248324.jpgあ、ビラート様w


P2248325.jpgみんなでお写真。
しかし白銀さん、ハズレようとしていたw。腰が低いというかなんというか。
主要キャラクターだという自覚とかいうものは…


P2248333.jpgはい、終了時間になりました。
残っていたキャラクターさん達で集合写真。
やっぱ、サクラさん華がありますね。


P2248345.jpg帰り際にガンマさん。


P2248346.jpg腕のプロテクターがピカピカになりましたね、って話をしたら
お試しで新しいのを装備してたんですって。


P2248347.jpgFPレッドさんが例の家計のヤツをお持ち帰り。
帰り際には幾人かのヒーローさんがお見送りに出てきてくださいました。烈風さんとサクラさんも。丁寧な人たちや。


P2248348.jpgあ、こちらが城西大学のキャラクターたちです。これは「高麗戦士トライ」のキャラクター。
石井先生が造られてるんですかね。なんかねえ、制作風景の写真がTwitterにあがるんだけど毎年コワイです。
学生さん運営のヒーローさんだと、卒業すると終わっちゃったり、個人の転居先についていってしまうことがあるんですよね。
一方、ご当地ヒーローは長くそこに定着することを求められる。
卒業というターニングポイントをどう超えるのか。それは若いヒーローさんをウォッチするとき、気にしながら見ている点です。
学生団体が主体でありながら、土地に付いて受け継がれるという形をとっているヒーローはなくもないです。
トライは、はっきりそういう目標を掲げており、もくろみ通りになるかどうか、何年か先を見守りたいところです。


最初に「ローカルヒーロー業」と書きましたけど、世の中の人はまだまだ「業」とは捉えてくれてないと思うんですよね。
公共の職員が仕事でやってるとか、ボランティアで着ぐるみを着てるだけとか、どっかからなにかのお金が出てるとか(※注:いずれもそういう場合もあります)思われてることもある。しかしそうじゃない民間(?)のヒーローをどう作って、どう続けていくのか。あるいはどんな目的のために続けていくのか。ヒーローたちの背中は多様です。
出来上がりだけでなく、出来るまでや続けていく過程があるという、言われてみれば当たり前のことを知る人が多くなったら、もっといい感じにぶん回せるようになるかもしれないし、その世界に変身して飛び込んでくるのもやりやすくなるかもしれませんね。
posted by 菊弥丸 at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | シュミ

2018年03月18日

大河ドラマ ヤッセンボーどん?(薩摩剣士隼人)

2/18 越谷レイクタウン
鹿児島フェア

IMG_2820.jpg池袋を後にしまして、越谷レイクタウンへ。
あれ、鹿児島フェア、ギュージンガーブラックも来てたのか。しまった。確認しとけばよかった。


15:30
P2187381.jpg今年も、隼人さぁが来てくれているよ。13時と15時半のショーでしたが、私は後半に参戦。
御一行様、エスカレーターでお出ましです。


P2187443.jpg応援は鹿児島の言葉で「きばれーー」だよ。


P2187451.jpg幻魔降臨ヤッセンボー


P2187507.jpgとりあえず、会場の者どもを、おどろかしつくしちゃう様子です


P2187525.jpgヤッセンボーシールはるよー。
みんな割と嬉しそうに貼られてます。わざわざ貼られに行く人もいるというね。


P2187559.jpg隼人もやってきた


P2187595.jpg立ち会いまーす


P2187619.jpgよかたちあいじゃったーー


P2187640.jpgつんつんです。
今年は西郷さんが話題になっていることですし、場をつんつんに任せて隼人退場。


P2187687.jpgダイサイゴーーー


P2187692.jpgはい。いきなり顔だけでごめんなさいね。
ズームの調整が間に合ってません


P2187693.jpgなんせ、このサイズでして。
今日は軍服バージョンなんだね


P2187710.jpg上野の西郷さんの銅像の話などを始めるつんつん


P2187811.jpg(ダイサイゴーは、途中で寝てます)


P2187823.jpgおねえさんに先導されてかえりまーす。
このおねえさんの小ささ、見てっ。


P2187832.jpgヤッ様再び。


P2187853.jpgひとがしゃべってるのに、スマホ見てるとはナニゴト?
今年は大河ドラマが西郷どんなので、
あらすじを確認していたらしく。


P2187897.jpgヤッセンボー様は自分が大河ドラマに出てこないことにご立腹
繰り広げられる妄想大河ドラマ


P2187981.jpg隼人ふたたび。
いま主役の座を巡った決戦の火ぶたが…(違うと思う


P2188003.jpg中味がなんであっても、立ち合いと理解する隼人さぁ。
つんつんも参戦するらしいよ


P2188042.jpgつんつんアタック中


P2188051.jpgそして、ヤッ様本気の幻魔月光刀。
(ワシ、やっぱこっちの刀のほうが好きやわ)


P2188063.jpgつばぜり合い。つばどこかわからないけど。


P2188128.jpg破影之太刀、決まった。
仕方ない。主役は隼人に譲るかー


P2188165.jpgというわけにもいきませんよね。ちゃんちゃん。


P2188204.jpgお写真。


P2188226.jpgせっかく鹿児島にスポットが当たっている時期なので、こんどはこんこんも連れてきてー。
おやっとさー。


P2188241.jpgで、そこから池袋に戻ってダルさんの映画を見に行きましたとさ。
途中、レイクタウン内にあったコリラックマカフェに寄りました。(期間限定なのでもう終了しております)
すいてました。
あ、これはいちばん美味しかったやつだよ。
バレンタイン限定メニューの他のものも頼みましたが、写真を撮るためのメニューだと思いました。
味は、ほら…。でも、頼んだ物は食べないとっ。がんばって食べたー。いま写真を見てもよみがえるような味だったー。まあその。一種類ずつ食べればどうということがないものでも、複数合わさると思わぬ威力を発揮することがあるなと思いました。
かわいい。かわいいな。うん。かわいいかわいい。
posted by 菊弥丸 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | シュミ

2018年03月10日

としまんがトシマッハ

2/18 としまマンガアニメフェスタ。
豊島区役所1Fとしまセンタースクエア
IMG_2810.jpg2/17,18の両日開催。
東京都豊島区のWEBサイトのサイトマップを見ても「マンガ・アニメ」というカテゴリにはなかなか行き着けません。
文化…じゃないんだなあ。「観光」にあるのw。まーじーか。(そして、コミックではなくマンガ)
っていうか、そんなカテゴリのあるお役所のWEBがそもそもあんまりないでしょうね。
今回は区役所の1階にある1展示室でトークイベントとか、上映会とかがあるみたいです。
「観光」ですからね。聖地巡りに注目させる展示もありました。マンガの聖地としまミュージアム(仮称)も作ろうとしてるようです。
あと、ほんとにマンガが描けるテーブルもあった。次のコマをかいてみよう、みたいなの。結構ハードル高くないか。
大昔ね、トキワ荘にいた大御所の描いたマンガの描き方みたいな本を読んでも、もう、道具とかが、ほへ?でしたよ。
いま思えば、地元の文房具さんで言えばペン先も、ケント紙や上質紙も出てきたと思うんですよね。
だけど馴染みがないから、そういうのは特別なものだと思ってました。見たこともないし。
学校でも教えてくれたらよかったのにな。図工で描く絵より漫画がかきたかったよ私は。
あ、トキワ荘って何?な方は、豊島区のWEBのマンガ・アニメのところからどうぞw

で、トシマッハショーは18日。個人的には、この日の夜は池袋でダルさんの映画を見ることにしてたので、朝トシマッハ見て、映画の席押さえて、どっか行ってまた池袋に戻ればいいよねーっていう段取り。


11:00
IMG_6613.jpgトシマッハはマンガでもアニメでもないわけですが、なんか、特別な演目を用意して張り切っている様子だったよ。
としまっはーーー


IMG_6633.jpgだが、一発目からヒーローが出てくるはずもなく……なんでだろうね。呼んでるんだから出てきたっていいのに。ほぼ100%こういう人がでてきますよねー。


IMG_6723.jpgはい、遅れてトシマッハ登場


IMG_6785.jpgきーっくである。


IMG_6841.jpgしかしながら、今回トラッシュさんは友好的態度なのでして。漫画をかくんだって。
いつものあのポーズとってよとリクエスト。
これ、トシマッハの真似らしいです。


IMG_6873.jpgかっこいいポーズをさらっとね


IMG_6893.jpgトラッシュ「えいえいっ
      怒った?」
トシマッハ「怒ってないよ」(ほとんどみっきーねずみみたいな声色だった)
急に流行の要素を取り入れてきました。


IMG_6897.jpgあれ?やっぱりだまし討ちかな


IMG_6922.jpgプリズムちゃんが助けに来たよ


IMG_7037.jpg二人でキック


IMG_7083.jpgそこに、何故かスケッチブックを持ったヤミガラス様が登場


IMG_7110.jpgトラッシュさんは、受け取ったスケッチブックにトシマッハたちの戦いの様子を逐一スケッチしています。


IMG_7114.jpgだいぶ描けたので
一旦帰る様子。はて?


IMG_7163.jpgえー、ここでハーフタイムですね。豊島区とかトシマッハのご紹介。
トキワ荘は豊島区にあったのだ。


IMG_7278.jpg再びヤミガラス様
ものものしくなにかを召喚


IMG_7300.jpg漫画家モードになったトラッシュさんが召喚されたよ
なーんと、描いたものが現実になる能力が
(まって、まってっ。この展開去年どこかで。しゃっちょーさーん)


IMG_7411.jpgなんと、ヤミガラス様の大好きなスイーツを描くと
スイーツが降ってくる
ほんとかよ、と思ったらなにか降ってきてたw


IMG_7429.jpgそして、今のトラッシュ様には書き文字すら武器になるのだー


IMG_7457.jpg(もしかして:コエカタマリン?)


IMG_7526.jpgプリズムちゃん大丈夫?


IMG_7586.jpg絵に描かれたとおりになっちゃう


IMG_7674.jpgこのスケッチブックを奪えばッ
(あっ(見なかったことに))
がんばれーっ、がんばれーっ


IMG_7709.jpgそんなあなたのがんばれをわかりやすく形にしてみました


IMG_7811.jpgプリズムちゃんの相手はトラッシュ
相変わらず高いキック


IMG_7886.jpg飛んじゃうし


IMG_7925.jpgそしてがんばれ剣だっ


IMG_7958.jpgざしゃーー


IMG_8065.jpgヤミガラスのこの姿は長くはもたないと言われていたのですが
段々、この姿でいられる時間が長くなってきたらしいです。


IMG_8131.jpg二人でとどめじゃ


IMG_8230.jpgこうして池袋の「観光」は守られたのだ(ちがうかも


IMG_8257.jpgえーとですね、観光の要となりますトキワ荘の玄関っぽいものを再現してみたもののようです。
トキワ荘復元をキーにしてミュージアムを作ろう、という流れらしい。


IMG_8251.jpg漫画家さんのサインが2014年なので、以前に作ったのを大事にとってあったんですね。
(縮小したら見えないね。ごめん)


IMG_8274.jpgステージでは握手撮影会が行われています。
ヤミガラス様は毎回催しに合わせた作戦を作ってくるし、マンガ原作者向きなんじゃないすかねえ。


IMG_8298.jpgで、区役所から池袋駅を超えて、反対側のシネマロサへ。もうさあああ、いけぶくろーーー、地理わからなーーーい。
たどり着くまで大変だった。ライズのチケット買って、お昼過ぎ。映画は20時。膨大に余りまくる時間。
どう使う? 答えはハ・シ・ゴ、だ。 いざ越谷へいきもんそー!ごごー。
posted by 菊弥丸 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | シュミ

2018年03月05日

東京にあの海鳴りは響いているか(シージェッター海斗)

2/17 東京国際フォーラム
東日本大震災の記憶風化防止イベント「復興応援・復興フォーラム2018in東京」

IMG_2792.jpg「来て!見て!感じて!「忘れない」が支援の新たな一歩となる」
というコンセプトの東京都と東北4県の催しです。(東北の中でも特に津波の被害を受けた4県ということでしょう)
…来てみてさわって……ってキャッチフレーズがあったなあ…

この日は朝、埼玉にヒーローズユナイトを見に行きましたのです。
まず烈風のひょうちゃんの顔を見に行こう、と。
で、埼玉からの戻りに、せっかく遠くから来てくれてるし…と、シージェッター海斗さん詣ですることにしました。


IMG_2790.jpg外では物産品のブースがあり、貝や、せんべい汁などの食べ物カーは時間限定で無償でおふるまいをしたりしていました。
そこに時折、各県を代表するキャラクターが闊歩(というほど早くはない)しております。
岩手の「そばっち」だよ。
これは「わんこきょうだい」というキャラクターの一員で、そばだけじゃなくてずんだ餅がモチーフになった「おもっち」とかも居ます。


IMG_2788.jpgスポーツ応援仕様なんですかね。甲冑じゃない姿の"むすび丸"。宮城県から。
こういったキャンペーンキャラクターとかが定着しているケースは、ちらほらありますね。


IMG_2795.jpg福島のキビタン。これは元々ふくしま国体のキャラクターです。かなりの古株。
キビタンはわりと機敏で、跳ねたりします


IMG_2794.jpgあと小さい子と遊ぶときはちぢみますw


IMG_2793.jpg決め手くん。青森。
この方は、私初めて会いましたが、2006年決定ということで10年選手ですね。
前からいる気がしてたけど「そばっち」がいちばん若い(???)のか。
いずれも、震災の前からあるキャラクターです。
そうか。震災の後に人々を励ますためにという意図で作ったキャラクターでなく、元からいたキャラたちが日常に帰れることを念頭に置くというのも復興を考えることかもしれませんね。
海斗も、震災前から居るキャラクターです。津波で石ノ森漫画館の海斗の人形が流されてしまったり、
海底の状態が変わってしまったことにより、以前からやっていた水上のショーができなくなっていたのを、長い期間かけてようやく復活させたことなど、思い出します。


IMG_2799.jpg秋刀魚らーめん
見た途端、サンマーメンには秋刀魚が入っていない、という話が頭をよぎり、つい買ってしまったやつ。こっちはちゃんと秋刀魚です。


15時
IMG_5324.jpg建物の中に入りました。新聞紙で作るスリッパや、サバ・メシ(サバイバルメシですね)に関する展示のあるホールでシージェッター海斗のショーがあります。
ステージにはいつもの003のおねえさん。
この日のお客さんは、ほぼ大人でした。
催しの趣旨からいってそうなりますかね。
しかし、ショーの進行はきっちりトラディショナルです。
ちゃんと声出しさせられます。
今回はかなり訓練された大人たちだったようでちゃんと応援してました。


IMG_5353.jpgヒメラニアン帝国の襲撃ー。
(私、これもどうも覚えられず、ヒラメ…じゃないほうだからヒメラニアン、って一旦頭の中で変換しております。)


IMG_5380.jpg海斗登場。


IMG_5480.jpgミツルギで退ける


IMG_5592.jpgクラブアビシスがふがいないので、シャークアビシスが登場。
オクターノル様に叱られたので、共闘することにします
お。これ、前に石巻で見たヤツや。


IMG_5645.jpg彼らは、海斗の持っているウミナリの宝を奪い返そうとしているのだ。


IMG_5660.jpg海斗ピンチ


IMG_5673.jpgファリンクスが出てきた途端
背後から「おとうさんキター」の嬌声が聞こえます。
いや、そうだけど(苦笑)
なんか、おとうさんに覗かれてる娘みたいだからそれ。


IMG_5679.jpg親子げんか(仮)
ファリンクスの使う技に海斗は心当たりがある様子です。


IMG_5720.jpgオレはオレのやり方で正々堂々と宝を取り返したいんだよー。(てなかんじ)
しかし、オクターノル様にしかられるので協力しないとダメそうですね。


IMG_5775.jpg戦闘力を上げるために仲間を調達するので
ミャーガノイドさん達に任せて皆さんは退場


IMG_5788.jpg悪口言ってたらシャークさん戻ってきました
いやいやいや


IMG_5928.jpgはい。トラディショナルな悪ボスコーナーですミャー。(ボスじゃないけど)
仲間の能力を測るためのテストがあるよー。
なにをするかというと…だいたいわかりますね


IMG_5943.jpgあわれ…


IMG_5946.jpgやりたいひとー
しかし、客席のジバシリ族がほぼおとなでしてな…
最初のひとりは勇気あるこども。その子がやってるのを見て、簡単でものがもらえるとなると、俄然客席の手が上がるのが現金です。


IMG_5987.jpgはい。本編に戻るよ。


IMG_6023.jpgミツルギを奪われる


IMG_6048.jpgしかし、ファリンクスが邪魔に入る
アビシスたちのやり方が気に入らない模様


IMG_6057.jpgむむむ、やっぱり裏切るのか


IMG_6060.jpgミツルギを返すファリンクス。
…ちょうどみえないべ


IMG_6163.jpg二人揃ってヒメラニアンに立ち向かうよ


IMG_6204.jpgあー。あかん。


IMG_6236.jpgがんばれー。がんばれーーー。


IMG_6296.jpgたちあがったぜ


IMG_6361.jpgシージェッター海斗とファリンクスそろい踏み


IMG_6405.jpg二人の力で倒したよ


IMG_6495.jpgファリンクスはもしかして…
その答えはでないまま、つづく


IMG_6558.jpgこれからも海斗がみんなを守るよ


IMG_6587.jpgこの後は握手撮影会だよ
みんなで呼ぶよー


IMG_6593.jpg撮影会に並んでいたら、スタッフの方の雑談で、大人が見てるのもいいですねと言われてるのが聞こえました。
普段のショーだと、応援はこどもに任せて親御さんは見てるだけということも多いんですよね。そういう時にいわゆるガチの人が応援してると浮くんですが
今回、シート上の全大人が参加する雰囲気だったので、いい感じになったのかもしれません。


IMG_2798.jpg外にでたら缶バッジの手づくり体験をやってるブースがあったので作りました。絵柄はいろいろから選べたんですけど、なんとなくね。
これをカバンに付けて、次の日のライズ見に行きました。
ひとりひとりの中にある”忘れない”をちょっと揺さぶることがこういう催しの意味なんだろうなと思います。
発災から、もうすぐまる7年を迎えます。復興の度合いは場所によって異なり、津波への対策をつづけている途中の場所も、まだ何十年も問題を抱え続けるであろう場所もあります。遠くにあってもそのことを心に。
posted by 菊弥丸 at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | シュミ

2018年02月26日

LH映画2題。わざわざな話。(雑談)

ローカルヒーローの映画が2本、時を同じうして、近くに来ました。←こういうくくり方をしてしまうのは非常に乱暴だと思いつつ。
ひとつはヒーロー映画と言わないほうがいいのかもしれない。
2つとも見に行った人はどのくらいいるのかな?って思ってる。
そして、多くの人はどっちも知らないだろう、とも思ってる。

インディーズトクサツ(外国の人が「Indie Toku」とよく書いてるので真似してみた)の映画作品というのは、ずっと前から自主制作で作られてきたわけですが、今回の二つは、映画限りではない、普段は地元のショーやテレビで何らかの活動をしているヒーローやキャストがそのまま出る実写映画。この地続きな感じが、このごろっぽいんじゃないのかな。
それがただのプロモートに終わらず、最初から映画館でやる気で映画を作って、ちゃんと映画館での興行にこぎつけられて、同じ時期に映画館にかかっている。その巡り合わせ。
いずれも上映館は限られています。となると、動員を左右するのは、わざわざ行く人がどれだけ多いかってことです。
いまは、顔の見えるレベルのお客さん、なのではないか、と思う。
これはLH大決戦(2015年の映画)のときにも思ったこと。
この映画を県や地方に1つあるかないかの映画館でやって、誰が来るか?それは、遠くでもコラボでもショーに来るような層です。
実際客席見回したら知ってる顔になるわけだ。
前にやったハルサーエイカーやらマブヤーの映画の場合だったら、そもそも内地では本人を見られる機会が少ないわけで、たぶん、なんらかでテレビ作品を見ていて愛のある人が来てたんだろうなって思います。そういう人同士の結束が強い作品でもあります。だからわざわざ来る。
で、今回、私は、どこで、いつ見るか、ちゃんと計画して、時間見て電車に乗って2つの作品を見てきました。もちろんわざわざ。

以下、ネタバレゼロではないです。(たいしてバレません)

ヒーローズユナイト 結束!ヤツルギ×トライオー×忍者烈風


東京の蒲田という街が主なロケ地です。
なぜここか、詳しくは作品にゆずるとして、この話に深く関わる人物の本拠地となる場所だから、ですかね。
ご当地映画ではあるんです。しかし、この街をどうこうするという内容ではないと思う。
あ、なかみはねえ、ヤツルギ関連の映画を見たことある方なら言ってること分かると思うんですけど、空がぱきぱきってなったり、穴があいてうわーってどっかに飛ばされたり、がんばれーがんばれーだったり、変身前のカッコいいお兄さんたちが出たり、します。今回結構オモシロ要素もあったと思います。
私、いつも、終わりかな?いや、まだある、という最後のだめ押しの戦いのところで、長い…、この戦いが長いんじゃーって、自分がくじけそうになってしまうのですが、言い換えればそのくらいアクション満載の作品です。そういうクォリティを保ってるのでヤツルギのショーや映画がお好きな方は安心してご覧いただけると思うし、一部のキャラは本編よりいきいきしてるんじゃない?って印象も持ちました。(あ、でもね、八咫烏とソロバンの掛け合い漫才やってほしかった。せっかくだから。)

継続的にLHを送り出し続け活動を成り立たせるシステムを作ること。そのためにどんなスタイルをとったらいいのか。映画はこの団体の続けるそういった試みや模索の中にあるひとつと捉えています。

P2177268.jpgで、既存の3ヒーローの共闘となるので上映館はその地元である千葉(蘇我、幕張新都心)、埼玉(浦和美園)、大阪(茨木)の限定となりました。2/17,18,24,25の4日間。(蘇我のみ平日も上映)
舞台挨拶も連日その地元のヒーローが地元に出る形です。
挨拶だけじゃなく、ミニショーもあったよ。
千葉は盛況だった様子です。映画館の場所は、ヤツルギさんのホームのひとつですし、出てる人数も多いしね。大阪はわからん。トライオーはんの地元である。(関係ないけど、ゼロスさんの舞台がこの映画の後半戦と同時期だったそうです。これはこれでちょっと面白い巡り合わせだね。)


P2177311.jpg私は、一番近い(だが2時間半)埼玉県の浦和美園に見に行きました。(写真はMCの千葉さん、舞風花織役 桜羽未華さん、舞風彪太役 柳川公輔さん、けんじゅーさん)
埼玉は、初日の朝、来ていたお子さんに"なんできてる人少ないの?"って言われてた。こども、容赦ねえな。おかあさんは前になにかの(LHかな?)映画を見てたようで、前の時はもっとたくさんいたのにね、って話してました。
えー、近い人もっとがんばって。


P2177353.jpgまあ、でも、これはわかるよ。
烈風さんのテレビを好んで見てる層とこの映画に予想されるものは多分合わねえ。
逆にわざわざこの映画を観たいという人はわざわざ千葉に行っちゃうんじゃないだろうか。
もし飯能だったら、近所の人が来てくれただろうか?
ま、入りがどうでも彪ちゃん(ひょうちゃん、今回この字ですねん)の顔が見られたから個人的にはおっけー。このための早起きじゃ。
柳川さん、今回の映画では、ほかの二人がヤンk…もとい若いので、少し落ち着いた雰囲気にしたそうです。


P2177301.jpgおねえさんも、今回はサクラではないのだ。舞風花織さんです。
夏場の撮影の待ち時間に蜂に刺されてしまったらしいですが、いざとなればお医者さん(※烈風さんのチームには本職が医療の方たちがいます)もいるしと冷静に待っていて、でもショックで急に意識がなくなっても困るので台本に蜂に刺されましたって書き置いてたらしい。誰も知らない話だとのこと。いや、あぶないよ。知らせようよ。


P2177374.jpg上映後撮影会で。
あ、そうそう、あと、先着でサイン入りポスターもらえたので単純に嬉しい。


ライズ -ダルライザー THE MOVIE


P2188254.jpgダルさん(ダルライザー)の映画は地元白河では昨夏からすでに公開されており、現在は常設の映画館シネマナナハチにてロングラン上映中。
東京では、白河のだるま市の次の週を狙っての公開です。
2/17-23までの一週間。池袋のシネマ・ロサにて夜20時からの公開。
毎年だるま市に合わせてオフ会という名のディナーショー(と本人が言ってる)が行われます。
そこでファンの人たちが現地に集まる。次の週にはその熱を持ったまま池袋に集まる。
そういうことでしょう。
私の行った日(18日)のトークで、客席に対して、白河に行ったことのある人、と、手を挙げさせたら、相当多くの手が上がっていました。
だるま市だけでなく、白河のイベント、白河のショーで行った人もいるでしょう。もう現地で見た人もいるでしょう。
つまり、わざわざ白河に行かせることにすでに成功してるんだと思う。このくらいの人数は。(なんつーか、わざわざの度が違う人が結構おるねん)
私もイベントや試写で行きましたから、手を挙げたけども。
来てるのはそういう人と、もし東京に来たなら、と待っていた人。そして、いくらかは友連れされた人っすね。
もう見てる、知ってる人が、友を巻き込むに値する映画として誰かに白羽の矢を立てて連れてきた。
そういう人もいるのが、RTまとめで見て取れます。初日は満席。1週間の動員は600人の目標を超えたそうです。次は福岡(天神ポケット3/1, 3/3, 3/4)。
ダルさんも、まずは映画館、それからご家庭へ、とおっしゃっていたけども、スクリーンで見るのがいいと思うよ。
どんな映画か、は、私にはうまく書けないな。
前にも書いたかもしれないけど、アメリカの、みずからミシンでコスチューム縫ってる系のヒーローへのリスペクトが入ってる普通の日本の映画、って感じに思ったです。
白河に行ったことがあれば見たことのある風景が出てきますが、知っているからどうということもない。
びみょーな規模の(すまん)地方の市のどこになぞらえてもよい話です。
しかし、普段のダルさんが自分の街白河の為にこだわり続けている有言実行の姿勢と、映画が白河と白河に住むひとを中心にして作られたこと自体のベクトルがぴたりと合うこと。それがここちよい。だから仕上げに現地で見ることに意味があると思って試写に出向きましたが、映画の内容は現実のダルさんにさらに重なってくるようでした。今回の東京は、なんとなく、いくことにしてました。関わっていたいなという気持ちがあったと思う。ナナハチもいずれ行きたい。(写真は映画内で使用されたダメージドスーツ)


P2188260.jpgトークの後、お見送りで出ていらした俳優さんに写真を撮らせてもらいました。
田辺マナブ役の三浦佑介さん。私はこの映画の中では田辺が好きです。(なお、"ゆうすけ"で"まなぶ"なのは偶然だ)
なにかポーズしますか?と聞かれたので
咄嗟に「ダイス」と答えたら即ダイスしてくれました。スバラシイ
そして、山口さんにそういう役じゃないでしょって言われる


P2188262.jpgダルライザーこと和知健明さんと野田トオル役山口太郎さん。トークを聴くに、撮影中はどうも眠ったらしぬぞぉぉぉ、な現場を共にされたようです。
(ユナイトの現場は酷暑、ダルさんの現場は厳寒。LH関係、だいたい撮影裏話聴くと、暑い、寒いに収束する気がするんですが気のせい?)


東京は、まだ、顔が見えるお客さんのレベルなんじゃないかなあ、と、思ってる。ダルさんを知る人とその人づてと。
ほかの地域に持っていくとき、顔の見えるレベルをどうやって超えていくのか?
わざわざのきっかけはなんだ? 映画って、できてからも難しいねえ。
posted by 菊弥丸 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | シュミ